FC2ブログ

Entries

大切なもの。

うさぎを飼うにあたって、随分と時間がかかった。

まだ日本で独身の頃からうさぎが飼いたかった。

しかし、一人暮らしでとっても狭い部屋に住んでいたため

そのときではない、と諦めていた。


20070113004909.gif





ちゃっぴぃ(夫)と結婚するため、香港で暮らすようになっても

やはり、うさぎを飼うには狭い部屋にしか住めなかった。(香港の家賃は東京の都心以上である)

ペットショップでかわい〜と言うだけの5年間であった。



20070113005346.gif





上海に引っ越してからも、そのときの為に

うさぎの餌を扱っているお店、うさぎを診れる病院、家を空ける際預かってくれるところなど

調べ尽くしていた。

もちろん皆さんのブログやネットの情報などで


バーチャルうさ飼いもやってそのときを待った。



20070113005955.gif




そのときは突然やって来た。

2005年8月20日。

究造と出会った運命の日だ。

翌日の21日、準備の整った我家につれ帰ることとなる。



20070113010312.gif





10年待ったかいがあった。

今、私たち夫婦は究造くるみと一緒に暮らせてとっても幸せだ。

ふたりともいい歳をした大人だが、人として究造くるみに学ぶ事は多い。




20070113010829.gif




ここ中国では安易に動物を飼う人がとっても多い。(中国に限った事ではないのかもしれないが)

子犬2匹をプレゼントにしようと、コカ○ー○ショップで箱を買い

その箱に2匹を入れようとしている15、6歳の女の子集団に遭遇した事がある。

その日はとても暑い夏の日だった。

箱に空気穴は無い。



「水を飲ませるように、箱に穴をあけるように」となぜ言えなかったのだろう。

今でもその場所に行くと胸が詰まる。。。


1匹が「助けてっ」と言うように私をじっと見ていた。

その場所を離れてから涙が止まらなかった。



いつも、後悔しない生き方をしようと生きているつもりなのにとっても恥ずかしい。

その場で何も言えなかった私には、安易に動物を飼う人を非難する資格はないのだろう。

でも、同じ過ちは繰り返さないと強く心に誓った日でもある。





最後まで読んでくださってありがとうございました。

これからも、究造くるみを大切にしていきます。





スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takeusa.blog66.fc2.com/tb.php/30-5d2773d0

トラックバック

コメント

[C148]

分かる!分かりますよー!
まるで自覚が無い人に(しかも他人)注意するのって
なかなか出来なかったりします・・・。
  • 2007-01-13 07:34
  • ノリ@NZ
  • URL
  • 編集

[C149]

ワタシも注意出来なかったかも。
でも今は大丈夫!たけうささんだってこれからビシバシ注意して行けばいいんだもん!
  • 2007-01-13 09:13
  • 兎間なおこ
  • URL
  • 編集

[C150] ノリ@NZさま

いつも、言葉が通じなくてもあらゆる単語を(日本語、英語、中国語)並べ立て
伝える努力をしているのに・・・
中国では『逆切れ→公安』がちょっと怖いというのが頭の片隅に
常につきまとってしまいます。

[C151] 兎間なおこさま

おうっ!おばちゃんパワーでガンガン話しかけるさっ!!(日本語だけどね)
行きつけの茶器屋のおばちゃんとは
こっちは日本語、あっちは中国語のみなのに
なぜかコミュニケーションがとれて
私たち夫婦のことを「古い友人」(中国では親友に近い表現かな)と言ってくれます。
そのうちブログに登場させようともくろみ中。

[C153]

はじめして、こんばんは。
「うさ奥」さまのところを経由してお邪魔しました。
まずは、私の微妙な画を励ましていただきありがとうございました。よし、今度は正面に挑戦!と前向きな心構えの糧となりました。
ところで外国でうさ飼いさんなのですね。お住まいは上海だそうですが、上海というとすごい大都会で、おしゃれなイメージがあります。行ったことはないのですが・・(汗)
くるみちゃんも究造もかわいい~ですね、ほわほわで手のひらで触りたいです♪またお邪魔させていただきます*

[C155] タカタ さま

う”ぉっ!天才タカタさまじゃありませんか。。。
かなり感激なんですが。(ちょっと鼻血でそう)
ようこそいらっしゃませっ!
さて、正面はどうかな???

テレビなどで見る上海はほんの一部です。
実際暮らしてみると、まだまだ発展途上国なんだなと実感します・・・。
それはそれで、いいところもありますけどね。(ちょっとフォローしてみる)

今後もよろしくお願いいたします。e-68

[C156]

10年も待たれたのですか!
それは究造くんを迎えた時は感激だったことでしょう・・・。

言いたいけど言えない・・・
お気持ちよくわかりますぞ~(泣
ちょっとの勇気なんだけどなかなか出ないんですよね。
酔っ払いに絡まれた時は、近くの看板で殴って逃げたというのに・・・

ところで中国って・・・ほんとに犬食べるんでしょうか?
ずっと聞いてみたかったのです。
広いので土地柄なのか、風の噂なのかと気になっております!

[C157] 母上さま

食べるみたいですよぉ~、わんこ。。。
でもみんながみんな食べるんじゃないと思います。(たしか・・・)
ここ中国にも愛犬家は多いし。
蛇料理屋は普通にありますよ!(店先に生きた蛇がいるのを香港で見た。)

「看板で殴って逃げた」ってスゲーっ!  惚れてしまいます v-351

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

いくつになったの

*script by KT*

プロフィール

たけうさ

Author:たけうさ
*2005年8月20日、究造(ライオンうさぎ♂2004年秋頃誕生)と運命的に出会い、翌21日我家に迎える。
2011年5月19日 AM2:03永眠。

*2007年1月6日、くるみ(たれ耳うさぎ♀2006年9月10日誕生)にちゃっぴぃ(夫)一目惚れ、翌7日我家に連行。
2014年7月8日 PM15:20永眠。

*2010年10月16日、かぼすと出会い即日連行。(一応スムースコートチワワ♂2010年8月1日誕生)

*たけうさ&ちゃっぴぃ(夫)、2004年12月まで香港生活。
2004年12月~上海にて2ウサ&1ワンとの生活。

絶賛更新中

更新ブログ

Lc.ツリーリンク

竹兎庵
☆管理者ページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索