Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takeusa.blog66.fc2.com/tb.php/348-e2f8acbb

トラックバック

コメント

[C2484] おかえりなさい。

そちらにも動物の火葬場があって本当によかった。
オッチャンがビニール袋で・・・思わず想像して切なくなりましたが
(きっと入れられた究さんが一番ビックリしてる思いますが)
趣のある骨壷に入れてもらえて、究さんも安心してることでしょう。
たけうさ家のみなさんが元気になられたと聞いて少しホッとしました。

↓動物にしても人にしても・・・
後悔や罪悪感って、残されたほうには残りますよね。
でも、たけうささんも、ご家族のみなさんも頑張られたと思います。
そのことは誰よりも究さんが一番分かってるよ!

また少しずつ、たけうさワールドを展開してくださいね♪

[C2485]

こんばんは。
なんと、久々におじゃましにきてみたら、こんなことになっていたとは。
きゅうたん、お空に渡っていってしまったのですか・・・。(T_T)

でも、たけうささんに可愛がられて、幸せなうさ人生だったと思います。
どうぞ安らかに眠ってくださいね、きゅうたん。

  • 2011-05-26 23:15
  • ぺんた
  • URL
  • 編集

[C2486]

究たんの骨壷 究たんにお似合いの可愛い形ですね^m^
心までまる~く穏やかになる形で なんか嬉しいです

くるみちゃん 寂しがってないですか?
うちは小梅が死んだあと むさしは爪を自分で齧る癖が出来ました
動物でもわかるんですよね。。。

たけうささんも寂しいとは思いますが くるみちゃんとカボス君の為に そしてお月さまで見ている究たんの為に笑顔を取り戻してくださいね

[C2487]

うわーお久しぶり!といそいそお邪魔に来ましたら・・・。
なんと哀しいことか。ご家族のご心中お察しします。
でも、穏やかに旅立ててよかったです。
みんなに可愛がられて、幸せうさちゃんでしたね。
きっと、ずっと見守ってくれますよ。

見送った側は、心が半ば折れているから、無理しないでゆっくりゆっくり立ち上がってくださいね。

[C2488]

*okayaさま
ビニール入りの骨壺写真も撮ってあるんですが
UPするには、あまりにショボい写真なのでやめました。。。
中国の事だから、もっとドライというか、、、
事務的で雑に扱われてムカつくかと思ってたんですが
意外に情があってホッとしました。

*ぺんたさま
息を引き取る前の5分~10分くらいは
呼吸が苦しそうで、何度も大きく口を開いていて
見ているのが辛かったのですが
逝ってからは、ホントに寝ているように穏やかなお顔になったんです。
そのお顔に救われました。

*ごえもんさま
くるみは究たんが逝ってしまった事を理解している感じはないのですが、、、
でも、究たんが寝たきりになってからは
究たんに毛繕いをしてもらえない分
私たち夫婦にものすんごい甘えるのです。
くるたんも、きっと寂しいんでしょうね。。。

*つむぎさま
つむぎさんもガブリさんの介護が長かったですもんね。
覚悟しているつもりでも、いざその時がくると
涙がとまらないものですなぁ~~~。
でも、くる&かぼの為にもいつまでも泣いていられませぬ!
かーたんガンバル☆
  • 2011-05-29 00:34
  • たけうさ*お返事
  • URL
  • 編集

[C2489]

ひさびさにコメント頂いて、
るんるん♪こちらに来ましたら、
究さんの訃報・・・・・。(涙)

残された者はああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった、と
後悔ばかりが募りますけど、
たけうささんご一家に可愛がられて幸せな兎生だったですよ、きっと。
究さん、空からたけうささんたちを見守っていてね。

[C2491] またね、きゅうたん

たけうささんのお名前を拝見して、
おお!復活されたwwとおたずねしてみたら、、、、

そうでしたか・・・おつかれさまでした。
ゆっくりしてくださいね。

きゅうたん、またね。

  • 2011-05-31 09:41
  • カスピ
  • URL
  • 編集

[C2494]

*ぽんすけさま
もう、長い間介護していたので
ある程度の覚悟はできていたんですけどね、、、。
やっぱり寂しいっすなぁ。
生き物との生活では切り離せない事なので
しかたないのですが。
今は、早く究たんの生まれ変わりに出会いたいです!

*カスピさま
ホントに「またね!」って感じです。
究たんを思うと、まだ少しだけ「うるっ」となっちゃいますが
優しく微笑んで見守ってくれていることと思います。
  • 2011-06-03 01:30
  • たけうさ*お返事
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

きゅうたん帰還。



きゅうたんが逝って1週間が経ちました。

そして、先ほど帰還いたしました。





究造2

(思いのほかいい感じの骨壺)



もう、ホントにちっちゃい。。。



まぁ、ウサギさんですからね。(敵から早く逃げれるよう骨は軽いのです)

片手で握れるほどの遺骨です。




上海では、動物の火葬場は一カ所しかないそうです。

中国人の友人が色々と手配してくれて助かりました。

来てくれたオッチャンも、すごく優しそうな人でしたし

ワタシが泣きながら「とても大事なウサギなのでよろしくお願いします」

と、言ったら(友人が通訳してます)

優しく微笑んで「よくわかってます」と言ってくれました。






たとえ、


今日、


そのオッチャンが、


きゅうたんの骨壺を、


透明なうっすいビニール袋に入れて


ぶら下げてきたとしても、、、@一瞬マジ?っておもったさ。






いい人に任せる事ができてよかったです♪







たけうさ家、みんな元気に復活いたしました。

お見舞いを頂いた方々、ホントにありがとうございました。




これからもきゅうたんの登場があると思います。

今後とも『竹兎庵』よろしくお願いいたしまっす☆










究造1








スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://takeusa.blog66.fc2.com/tb.php/348-e2f8acbb

トラックバック

コメント

[C2484] おかえりなさい。

そちらにも動物の火葬場があって本当によかった。
オッチャンがビニール袋で・・・思わず想像して切なくなりましたが
(きっと入れられた究さんが一番ビックリしてる思いますが)
趣のある骨壷に入れてもらえて、究さんも安心してることでしょう。
たけうさ家のみなさんが元気になられたと聞いて少しホッとしました。

↓動物にしても人にしても・・・
後悔や罪悪感って、残されたほうには残りますよね。
でも、たけうささんも、ご家族のみなさんも頑張られたと思います。
そのことは誰よりも究さんが一番分かってるよ!

また少しずつ、たけうさワールドを展開してくださいね♪

[C2485]

こんばんは。
なんと、久々におじゃましにきてみたら、こんなことになっていたとは。
きゅうたん、お空に渡っていってしまったのですか・・・。(T_T)

でも、たけうささんに可愛がられて、幸せなうさ人生だったと思います。
どうぞ安らかに眠ってくださいね、きゅうたん。

  • 2011-05-26 23:15
  • ぺんた
  • URL
  • 編集

[C2486]

究たんの骨壷 究たんにお似合いの可愛い形ですね^m^
心までまる~く穏やかになる形で なんか嬉しいです

くるみちゃん 寂しがってないですか?
うちは小梅が死んだあと むさしは爪を自分で齧る癖が出来ました
動物でもわかるんですよね。。。

たけうささんも寂しいとは思いますが くるみちゃんとカボス君の為に そしてお月さまで見ている究たんの為に笑顔を取り戻してくださいね

[C2487]

うわーお久しぶり!といそいそお邪魔に来ましたら・・・。
なんと哀しいことか。ご家族のご心中お察しします。
でも、穏やかに旅立ててよかったです。
みんなに可愛がられて、幸せうさちゃんでしたね。
きっと、ずっと見守ってくれますよ。

見送った側は、心が半ば折れているから、無理しないでゆっくりゆっくり立ち上がってくださいね。

[C2488]

*okayaさま
ビニール入りの骨壺写真も撮ってあるんですが
UPするには、あまりにショボい写真なのでやめました。。。
中国の事だから、もっとドライというか、、、
事務的で雑に扱われてムカつくかと思ってたんですが
意外に情があってホッとしました。

*ぺんたさま
息を引き取る前の5分~10分くらいは
呼吸が苦しそうで、何度も大きく口を開いていて
見ているのが辛かったのですが
逝ってからは、ホントに寝ているように穏やかなお顔になったんです。
そのお顔に救われました。

*ごえもんさま
くるみは究たんが逝ってしまった事を理解している感じはないのですが、、、
でも、究たんが寝たきりになってからは
究たんに毛繕いをしてもらえない分
私たち夫婦にものすんごい甘えるのです。
くるたんも、きっと寂しいんでしょうね。。。

*つむぎさま
つむぎさんもガブリさんの介護が長かったですもんね。
覚悟しているつもりでも、いざその時がくると
涙がとまらないものですなぁ~~~。
でも、くる&かぼの為にもいつまでも泣いていられませぬ!
かーたんガンバル☆
  • 2011-05-29 00:34
  • たけうさ*お返事
  • URL
  • 編集

[C2489]

ひさびさにコメント頂いて、
るんるん♪こちらに来ましたら、
究さんの訃報・・・・・。(涙)

残された者はああしてあげればよかった、こうしてあげればよかった、と
後悔ばかりが募りますけど、
たけうささんご一家に可愛がられて幸せな兎生だったですよ、きっと。
究さん、空からたけうささんたちを見守っていてね。

[C2491] またね、きゅうたん

たけうささんのお名前を拝見して、
おお!復活されたwwとおたずねしてみたら、、、、

そうでしたか・・・おつかれさまでした。
ゆっくりしてくださいね。

きゅうたん、またね。

  • 2011-05-31 09:41
  • カスピ
  • URL
  • 編集

[C2494]

*ぽんすけさま
もう、長い間介護していたので
ある程度の覚悟はできていたんですけどね、、、。
やっぱり寂しいっすなぁ。
生き物との生活では切り離せない事なので
しかたないのですが。
今は、早く究たんの生まれ変わりに出会いたいです!

*カスピさま
ホントに「またね!」って感じです。
究たんを思うと、まだ少しだけ「うるっ」となっちゃいますが
優しく微笑んで見守ってくれていることと思います。
  • 2011-06-03 01:30
  • たけうさ*お返事
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

いくつになったの

*script by KT*

プロフィール

たけうさ

Author:たけうさ
*2005年8月20日、究造(ライオンうさぎ♂2004年秋頃誕生)と運命的に出会い、翌21日我家に迎える。
2011年5月19日 AM2:03永眠。

*2007年1月6日、くるみ(たれ耳うさぎ♀2006年9月10日誕生)にちゃっぴぃ(夫)一目惚れ、翌7日我家に連行。
2014年7月8日 PM15:20永眠。

*2010年10月16日、かぼすと出会い即日連行。(一応スムースコートチワワ♂2010年8月1日誕生)

*たけうさ&ちゃっぴぃ(夫)、2004年12月まで香港生活。
2004年12月~上海にて2ウサ&1ワンとの生活。

絶賛更新中

更新ブログ

Lc.ツリーリンク

竹兎庵
☆管理者ページ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。